フリーランスのコミュニティ in Kyoto
By Nobuyuki Ishii Follow | Public

『でも、働くのが好き。』

あなたは今どのように働いていますか?

私は、理系の大学院を卒業して何となくその延長線で研究職で就職して、なんとなく働いていました。

でも、全然面白くなくて、働くのが嫌いなんだと思っていました。

社会人になって3年半くらいたった頃、そんな気持ちを見透かされたのか、何度もネットワークビジネスの勧誘を受けました。。。
その時に「金持ち父さん、貧乏父さん」の本を読み、当時なんとなく働いていた私はすごく衝撃を受けました。
ネットワークビジネスはやりたくなかったけど、”不労所得”というものにとても魅力を感じました。

そんな感じで、投資で生活できないかなぁと思って、会社を辞めて株式投資を始めました

でも、全然うまくいきませんでした。

そして、それでは生きていけなかったので、派遣のバイトをしたり、フリーで動画を作ったり、エクセルの業務改善をしたり、財務をしたり、いろんなことをしてきました。
それまで動画づくりも、業務改善も、財務もまったくやったことがなかったのにです。笑

そうしている中で、働くのっておもしろいなと思うようになりました。

そして、じゃあもう一度就職して働こうかと思って、転職活動を始めました。

しかし、実際に面接を受けてこの会社で働けるってなった時に、ものすごく嫌な気持ちになりました。

たぶん一つの会社に忠誠を尽くすということが嫌なんだと思います。

一つの会社でずっと働くのは嫌。でも、働くのは好き。

うん、そんな気持ちです。

現在、1年間の転職率は4.6%。およそ21人に1人の割合で転職しています。
会社生活が40年とすると、一人2回は転職するような計算です。
このように、終身雇用が当たり前ではなくなりました。

だとしたら就職する意義って何でしょうか?

就職する意味が見いだせず派遣で働いている人も多いのではないでしょうか。

でも、派遣の増加は企業にとっては人材のスキルなどの不安定。
働く人にとっては、収入の減少。

などの問題があると思っています。

それに代わる働き方はできないか。

そう考えて、フリーランスがチームで働く、そして、企業がそのフリーランスに安心して手軽に仕事を頼めるような、そんなコミュニティを作れば、現在の労働問題を解決できるのではないか。そう思いました。

まだ具体的な方法など、決まっていないことがたくさんあります。

なので、皆さんの意見を聞きながらより良い「新しい働き方」をするコミュニティが作れたらと思っています。

このような働き方に興味がある方、人を一人雇うほどではないけど忙しい、繁忙期だけ手が回らないのでその時期だけ手伝ってくれる人がほしいという経営者の方と一緒にこれからの働き方勉強会をさせていただければと思います。

1 Follower
Comments